みんなの声が届く市政、垂水から

活動報告

9.30木村真講演会せまる

▲ポスター掲示をしてまわっていて、萩の姿にほれぼれ
 大事なイベントが迫っていて、いろいろと用意に追われています。 それは9月30日の木村真講演会です。今日は27日ですから―――あさってです。台風が心配ですが、お集まりいただく皆さんにとっても私たちにとっても、大きな学びの機会となると思います。

開始は14時、場所は垂水区勤労市民センター多目的ホール(JR垂水駅東口から北東300m、垂水区役所のある建物の3階)。無料です。キッズスペースもあります。

木村さんは森友学園事件を世に問うた豊中市議です。お話のテーマは「市民派市議にできること」。写真は会報No.5の最後の記事にあります。こちら。

実は昨日、木村さんが原告となっている裁判が開かれました。森友学園事件にかかわる損害賠償請求裁判です。情報公開をしなかったことについて「損害賠償を求める」という形式ですが、情報公開しなかったわけ、つまり、こっそりと何が行われていたかを明るみに出すことが狙いです。昨日の法廷では、財務省近畿財務局職員の証人尋問を行うことが申し渡されました。これは大きな成果です。

そこに至るまでの木村さんの取組みについて、また市議という立場で市民のために日常どんなことができるのか、について、具体的に語っていただきます。

このイベントでは、木村さんの講演のほか、高橋ひでのりの挨拶や仲間が作ってくれた当会テーマソングの披露もあります。奮ってお越しください!