みんなの声が届く市政、垂水から

活動報告

当HPに「論説」のコーナーが登場

▲シブレの里山はキノコの宝庫-しいたけと紫シメジ
 少しこみいったできごとについて「高橋ひでのりと市政を考える会」や髙橋ひでのりの見方、考え方をお伝えするコーナーを新設しました。最初の論説は、神戸市議会で問題になっているヤミ専従(違法専従)問題について。新聞やテレビとは一味違う解説をお読みください。30年以上も神戸市の行政組織の中で働いてき者だからこそ説明できる事柄があります。市民の利益最優先ではない当局に挑んできた者の体験と信念に裏打ちされた解説です。同時に、現在の高橋ひでのりの歩みの根っこを指し示すものでもあります。  ヤミ専問題を労働組合をたたくために利用するのではなく、職員集団が真に市民の幸福のために働く組織になるための好機、そして市政を市民の利益最優先へと転換させるための好機として活かしましょう。