みんなの声が届く市政、垂水から

活動報告

会報No.6を発行

▲垂水区内のあちこちを近頃こんな車が...
 12月1日に、「高橋ひでのりと市政を考える会」の会報No.6を発行しました。メインテーマは「ヤミ専従問題」です。第三者委員会の中間報告が出て、不当な支出の金額が部分的に明らかにされたようです。この問題は、誰でもがオカシイと思うもの。ヤミ専従、いいじゃないか、という人はいそうにありません。問題は、どんな視点から批判するか、ではないでしょうか。『ヤミ専従問題Q&A』から、当会と高橋ひでのりの立場・姿勢を読み取っていただければ幸いです。

会報は垂水区内の電車の駅周辺を中心に街頭で配布しています。どうぞ手にとってみてください。駅立ちは11月末で80回となりました。寒いと感じる日もありますが、声をかけてくださる方、疑問をぶつけてくださる方、中には生活相談が始まるケースもあり、大事な活動として続けています。

No.6のもう一つのテーマは来年2月のイベント「もっとステキな神戸にする集い」のご案内です。お楽しみに! なお、会報No.6はこのホームページのここでもお読みいただけます。